2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ  ←おかげさまでベストテンキープしてます。
                     応援ありがとうございます !!


前回の続きです

http://jbill.blog66.fc2.com/blog-entry-45.html

まずは男のロマンから。

銀行からお金を円滑に調達するには、銀行員がどのような考えで、皆さんにお金を貸しているか理解せねばなりません。

 「銀行が」 ではなく、  「銀行員が」  です。

銀行員は非常に忙しいです。

はたから見てると、9時に開店して、15時にシャッターが下りてますね。
それで早く帰っていると勘違いされている方は結構多いです。

窓口の女性は5時過ぎに帰る方も多いですが、総合職の営業の人間はかなり遅くまで仕事してます。

以前は銀行にもよりますが、7時ごろに出勤して、終電近くまで、仕事している所もザラでした。

営業の人間は、外を回っている時以外にも、計数のチェック・攻略先のリストアップ・打ち合わせとその資料の作成・稟議書の作成等やることはキリがありません。

そんな中、営業の人間には過酷なノルマが課せられてます。

種類と過酷さはそのときによっていろいろです。

例えば、貸金末残・平残、為替手数料、デリバティブ商品・M&A等のフロー収益、投資信託、新規貸金先件数・残高、外為収益等、細分化すれば何十種類にもなります。

ローンの取組件数・残高などはその一部に過ぎません。

ここがポイントです。

毎日あれもやらなければならない、これもやらなければならないとノルマと作業に追われる忙しい銀行員は、 「一粒で何度もおいしい」 取引を望みます。

個人であれば、ローンだけでなく、投資信託も購入してくれたり、最近ですと保険に入ってくれたり。

法人であれば、貸金だけでなく、外為取引をしてくれたり、デリバティブ商品を購入してくれたり。

ただ、個人でも法人でも、今の規模では、いくらお願いして、いろいろやってもらっても限度があります。

そこで、銀行はそのお客さんが成長することを手助けします。

お客さんの規模が大きくなれは、必然的に取引の規模も大きくなり、提案できる商品のバリエーションも広がります。

そのため、銀行は、経営者として人物的に優れ、ビジネスモデルに見どころがあると思えば、担保が無くても、融資して、その法人・個人の成長をサポートします。

  *「人物的に優れ」については、長くなるので、また別の機会に書きます。

銀行員個人とっても、自分が担当して、本来は難しい融資をしたおかげで、その資金を基に融資先が成長し、感謝されることは、銀行員冥利に尽きます。

ここに金融に限らず、ビジネスに携わる者の男のロマンがあります。

銀行員に自分の実業家としての夢・目標を語り、理解してもらい、全面的なサポートをさせたくなるような人になれれば、皆さん半分勝ったも同然です。

自分も在職中にいくつかの取引先とそのような事例がありますが、退職した今でも良いお付き合いをさせていただいてます。

ただ、個人で不動産投資をされている方にとって、メガバンクとそのような取引を目指すのは難しいです。

今のメガバンクは組織が細分化されていて、法人部門はともかく、個人部門は現場に権限があまり委譲されていないところも多いです。

肩書きは支店長でも、与信権限がほとんど無い場合があります。
ローンのルールも杓子定規で融通が利かないところもあります。

それに対して、地銀や信金は、現場の支店長次第で、融資が通る場合もあります。

取引先も中小規模が多いので、大家さんも結構上得意として大切にしてくれます。

ただ、銀行がどんどん貸してくれるからといって、自分の投資スタンスを崩したり、基準を下げて買い進んでは絶対いけません。

実際、失われた10年の時も、今のミニバブルの時も、銀行から融資を受けて、物件を買い進み、そして破綻している先は、法人・個人問わず多いですよね。

銀行員は融資先が破綻することをあまり恐れません。

破綻より恐れるものがあります。

それは次回、 「サラリーマンリスク」 で書きたいと思います。


引き続き、応援いただけると嬉しいです。
ブログランキングをクリックお願いします
   ↓             
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なるほどなるほど。。
拙い経験を思い浮かべてみても、おっしゃる通りですね。

ワタシのお会いした銀行員の方は皆人間的な方でした。

ビジネスってほとんどアナログな部分が多いですね~。

人間界のことですから、あたり前ですね(笑)
2009/07/24(金) 00:43 | URL | ウッチー #-[ 編集]
なるほど・・・
銀行員さんも人間なんですね(笑)

「一粒で何度もおいしい」 取引っていうのは、判る気がします。
大きいディベさんは業務が細分化されてるから、営業やりずらいですね。。。
実は担当部署の決裁者が別にいて力関係で簡単には繋げて貰えないという。。。
2009/07/24(金) 07:30 | URL | kkenji1 #-[ 編集]
銀行員も
大変なのですね~><。
15時の閉店に間に合わず「ちっ」って思っていた自分を反省です(笑)。

破たんより恐れるもの、気になります♪
2009/07/24(金) 11:16 | URL | たまこ #-[ 編集]
お、男のろまん!
なるほど。
そのような気持ちになるのは何となく予想ができても
それが男のロマンとはぁぁ!
そうだったのか ロマンか
ジュービルさんのブログはためになるな~ うん
2009/07/25(土) 06:47 | URL | 寝不足の桜子桜子 #-[ 編集]
「アナログ・人間臭いところがある」

これに関して1つ質問があります。
融資を申し込むときに、よく「他行にも声をかけますか」みたいな質問をされます。

私は、正直に「○○銀行さん、●●金庫さんあたりにお願いするつもりです。ただ、3つとも決まったときには御社にお願いしますので、早めの回答をいただければ幸いです」なんて答えてます。

質問とは、正直に言っていいのか、
それとも、他行には声を掛けませんといいつつ裏で動くのか?(バレるとおもいますが。)

どんな感じで返答すればよいのでしょうかね。おそらく、担当者の性格次第だとは思いますが。
2009/07/25(土) 20:33 | URL | ホルホース #-[ 編集]
ウッチーさん

銀行員って、結構外から見ているより、人間味があります(笑)

自分のところは多かれ少なかれ体育会系のノリの拠点が多かったですね。
2009/07/26(日) 09:03 | URL | ジェービル #-[ 編集]
kkenji1さん

大きな組織の場合は、他の部署に貢献したら、何らかのインセンティブが働くようにしないとダメですね。

それをマネジメントできない経営体制だと、成長に限度があるかもです。
2009/07/26(日) 09:19 | URL | ジェービル #-[ 編集]
たまこさん

15時前のカウンターの気持ちは結構ハイです。

月末とかにお客様がたくさんいるとドキドキです。

手続きできる時間は決められていますので。
2009/07/26(日) 09:22 | URL | ジェービル #-[ 編集]
桜子さん

男のロマンは人それぞれですねー

ハワイでほわほわするのも男のロマンかもです。
2009/07/26(日) 09:28 | URL | ジェービル #-[ 編集]
ホルホースさん

いい質問ですね!!

それは次回以降で書きたいと思います。
お楽しみに。

もし書かない場合はメールします。
2009/07/26(日) 09:30 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jbill.blog66.fc2.com/tb.php/52-bbe2a126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。